春一番に見たい!京都の梅おすすめスポット ①御所周辺・洛中

「寒いのは苦手~」という人も、梅の花が咲いてくると、お出かけしたくなってきませんか?
寺社とも相性ばっちりで、京都には絵になる梅の名所がたくさんあります。

梅が香る早春の京都は、桜や紅葉の季節ほど混まないのもよい季節です。
まずは京都の中心・御所周辺の梅名所から。

北野天満宮 Kitanotenmangu

京都の梅の名所中の名所です。
梅の種類も多く、2月初めから3月半ばまで長く楽しめます。
菅原道真公の命日である2月25日には毎年「梅花祭」が行われ、芸舞妓さんがお茶を点ててくださる「野点大茶湯」は大人気です(2021年は中止とのことです)。


日程限定で梅苑のライトアップもあります。

**************
北野天満宮
例年の見頃:2月中旬~3月中旬
京都市上京区馬喰町
Tel: 075-461-0005
日程については変更の可能性もありますので>>公式サイト をご確認下さい。
**************

ツアー・ホテルを予約する↓↓↓

興正寺 Koshoji

西本願寺の隣にあるお寺。
門を挟んで立派な紅梅と白梅の木が並んでいます。
紅梅の方が早く咲き2月半ばくらいから見頃、白梅は3月初めから咲いていて、両方揃うのは3月初旬くらいです(揃わないときもあります)。


**************
興正寺
例年の見頃:2月中旬~3月中旬

京都市下京区花園町 七条上ル花園町70番地 堀川通り
Tel: 075-371-0075
>>公式サイト

**************

梅小路公園 Umekoji Park

京都水族館や京都鉄道博物館、朱雀の庭などもある広い公園には、名前の通りいろいろな種類の梅が2月初旬から3月下旬まで咲いています。


**************
梅小路公園
京都市下京区観喜寺町56-3
Tel : 075-352-2500
入園自由
**************

京都御苑 Kyoto Gyoen

梅林のほか、広い京都御苑のあちこちで、長い間梅が楽しめます。

梅林は2月半ばから3月初めくらいまで見頃です。

出水の小川あたりも雰囲気がいいです。例年2月半ばから咲きはじめます。

特におすすめなのが、存在感がある「黒木の梅」。
例年3月半ばに見頃になります。
3月後半には京都の早咲きの桜「糸桜」も咲いてきますので、一緒に見ることもできます。

1月半ばから2月初めまでは蝋梅が、3月半ばから4月初旬までは梅林の横の桃林も梅と一緒に楽しめます。
**************
京都御苑
例年の見頃:2月中旬~3月中旬
入園自由
京都御苑は広いので場所は>>公式サイトのMAPを参考にしてください。
**************

下鴨神社 Shimogamo Jinja

尾形光琳の「紅白梅図屏風」のモデルになったと伝えられる「光琳の梅」があります。
濃いピンクの梅が朱色の橋、鳥居や門と絵になっていて、1本だけでも見る価値あります。


**************
下鴨神社
例年の見頃:2月上旬~3月上旬
京都市左京区下鴨泉川町59
Tel: 075-781-0010
開門時間:6:30~17:00
**************

二条城 Nijo Castle

広い城内にいろいろな種類の梅が咲いていて、人も少なくのんびりと散歩するのにいい雰囲気です。


しだれ梅もあります。

**************
元離宮二条城
例年の見頃:2月下旬~3月中旬
京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
Tel: 075-841-0096

開城時間: 8:45~17:00(最終受付16:00)
**************

<京都の梅名所、次回に続きます>

宿・航空券・レンタカー・ツアーを予約する↓↓↓

宿を予約する↓↓↓

お土産お取り寄せ↓↓↓

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。