冬の「星のや軽井沢」 ①到着からお部屋まで

今年のクリスマスは海外に行けないので、日本でクリスマスシーズンに行ってみたいと思っていた軽井沢に行こう!ということになり、GoToトラベルを利用して行ってきました。

2泊3日した「星のや軽井沢」からまとめていきます。

到着 Arrival

一度泊まってみたかった星のや軽井沢。
近くまで来たけど、、、入口が見つけにくいです。

車の場合は、ハルニレテラスの近くに「星のや軽井沢 レセプション」(長野県北佐久郡軽井沢町長倉2157-428)があって、駐車場があります。
そこで車を降りて、フロントのある「集いの館」にスタッフの方が送迎してくれます。
通常はレセプションにスタッフの方がいらっしゃるはずですが、新型コロナウイルス感染防止のためにレセプションがクローズしていました。
なのでそこにある電話でスタッフの方に連絡して迎えに来てもらいます。
慣れていそうな方が、電話してから駐車して車の中で待っておられました。

公共交通機関の場合は、軽井沢駅から「集いの館」までシャトルバスがあります。

集いの館 Public Space

レセプションやメインダイニングなどがある建物が「集いの館」です。
ここの造りが素敵です。

レセプションエリア
南国リゾートでこんなところあったなという開放感です。
奥に見えるのはショップです。

入って行って右にはこんなくつろぎスペース

左は、メインダイニングの「日本料理 嘉助」です。
ここを見たとき素敵♡と思いました。
なんだか教会のように感じて、軽井沢のイメージでした。
でもお座敷の掘りごたつのような低い木のテーブルで、和な感じも。
右手がキッチンです。


1階には他にキッズルームもありました。

階段を上がって2階へ。

2階はライブラリーラウンジです。
寝転んでくつろげそうなソファ?もあります。
着いた時にここは人がたくさんいました。
ゆっくりしたくなる場所です。

ドリンクのコーナーには、お水・コーヒーマシーン・ティーバッグなど揃っています。

ティーバッグは、フェアトレード・オーガニックのイギリスのブランド、CLIPPER Teaのものが数種類置いてありました。
味も良くてパッケージも可愛いので、プレゼントにもいいと思います。



お菓子も時間によって違うものが置いてあります。

ライブラリーラウンジから、下にレストラン嘉助が見えます。

夜も落ち着いた感じです。

レストランを下から見たときの印象は「教会」でしたが、上から見ると棚田のような感じです。


お部屋 Room

お部屋は「水波の部屋」「山路地の部屋」「庭路地の部屋」の3タイプがあります。
今回泊まったのは「庭路地の部屋」のメゾネットタイプです。

奥まったところにお部屋がありました。
正面が私達のお部屋で、左手にあるもう一部屋のお部屋は、こちらで唯一犬が泊まれるお部屋です。

玄関。下駄が置いてあります。

1階居間

居間の横のテラス
外の枯木の冬景色もなかなかいいです。

クローゼット
引き出しの中に星のや共通の作務衣とパジャマが入ってます。
左にかかっているコートと作務衣で、集いの館や温泉だけでなくハルニレテラスまでもお出かけOKです。
星のや模様のお散歩袋もあります。

バスルーム

アメニティも今まで泊まった星のやと同じ感じです。
Lirioの袋入りの化粧品セット(クレンジング・洗顔料・化粧水・エッセンス・ジェル)も星のや東京のに泊まった時と同じです。

お風呂も広いです。
ゆずも置いてありフルーツ風呂も出来ます。

温泉ではないとのことで、結局温泉に行ってこちらには入りませんでした。

お風呂の横には坪庭みたいなスペースがあります。

2階へ上がります。

2階はベッドルームです。

また1階に戻って、ウェルカムスイーツを頂きます。
普通はレセプションでウェルカムドリンクかと思いますが、私達はチェックインが遅くてディナーの時間も迫っていたので、後にお部屋で頂きました。

包まれているのは胡桃かな?のお餅でした。
この下のカウンターにはミニバー、コーヒーマシーン等も揃っています。
お水は水差しに入った天然水と、ボトルのミネラルウォーターも持ってきてもらえました。

次回、敷地「谷の集落」の散策へと続きます。

(訪問時期:2020年12月)

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 2,274 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。