【Sony α7C II】旅行者目線でおすすめのカメラをレビューします

広告

国内外のホテル・航空券がお得です
⇒Agodaで検索・予約する

<本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています>

私はミラーレス一眼カメラSony αシリーズを初代から使い続けています。
2023年10月に発売開始されたモデル「Sony α7C II」を先月お迎えしましたが、これは買ってよかった!と思いました。
私もそうでしたが、シリーズの他の機種と購入を迷われる方多いんじゃないでしょうか。
レビューはすでにいろいろと出ていますが、旅行者目線での使用感、他機種との比較を参考に書いてみたいと思います。

 

Sony αシリーズのラインナップ

まず、ざっくりと現在のSony αシリーズのラインナップですが、
・α1 (最高機種でお値段も最高)
・α9 (動き物向き)
・α7R (高解像度)
・α7S (暗所に強い)
・α7 (スタンダード)
・α7C (コンパクト)
・VLOGCAM (動画)
となっています。
細かいスペックは →Sony公式サイト をご覧ください。

私は旅行の写真が主な目的なので、α7とα7Rシリーズを使って風景や建物、食事など幅広く撮っています。
α7,α7III,α7IV,α7RIII,α7RIVと使ってきています。
鉄道や飛行機、動物など動き物も撮りますが、これで足ります。写真メインのほとんどの人がα7かα7Rシリーズということになるでしょう。

コンパクトなα7Cは、初代のモデルは機能が物足りないと思っていましたが、去年発売されたα7CIIとα7CRは機能も良さそうということで。
機能が進化していくにつれ重くなるカメラでしたが、これは欲しい!と思いました。

使用感・メリットとデメリット

α7CIIのスペック詳細 →Sony公式サイト
注目ポイント → 補正効果 (静止画時)7.0段・総画素数 約3410万画素
価格(ボディのみ) → 執筆時点で270,000円程度(日々変動します)

コンパクトなモデルだけあって軽い!
下の写真の左がα7CII、右がα7IVで、ひとまわり小さいですが、見た目よりもっと軽く感じます。

ボタンや差込口などが違っていますが、迷うこともなくスムーズに使えました。
SDカードの差込口は1枚のみですが、予備はカバンに入れておけばいいだけですので気になりません。
ですが問題が一つ、レリーズの差込口がありません
ほとんどの撮影はタイマーで対応できますし、スマホのアプリでもシャッターを切れるのですが、花火撮影だけはやりづらいと思います。

性能はα7IVを小型にしたと思っていましたが、補正効果が5.5段から7.0段になっているのがすごいです!
これまで手持ちではSS1/13ぐらいが手ブレしない限界でしたが、これだとSS1/8くらいまでいけそうです。暗い所で三脚が使えない、三脚を持ってきていないというシーンで活躍間違いなしです。
動画撮影も含め、その他の性能は今のところα7IVと同じ感覚です。

<撮影例> SS1/8ですがブレません。

7CIIで手持ち撮影。ISO4000 F2.8 SS1/8

まとめると
<メリット>
軽くてコンパクト
手ブレ補正が進化して、暗くても手持ち撮影の幅が広がる
<デメリット>
レリーズの差込口がないので、花火撮影がやりにくい

他機種と比較

α7IVと比較

α7CIIのスペック詳細 →Sony公式サイト
注目ポイント → 補正効果 (静止画時)5.5段・総画素数 約3410万画素
価格(ボディのみ) → 執筆時点で300,000円程度(日々変動します)

使用感のところと被りますが、軽くて持ち運びやすいのは断然α7CII。
性能的には手ブレ補正機能がα7CIIの方が進化している分だけ旅行には使いやすいと感じます。
ただしα7CIIはレリーズの差込口がないので(α7IVにはあります)、花火写真を撮りたい人には最高とは言えません。ひとつだけ選ぶのであればα7IVになるのかなと思います。
ちなみに花火動画撮影なら他のカメラと変わりませんので、花火動画撮影には活躍することと思います。

 

α7CRと比較

α7CRのスペック詳細 →Sony公式サイト
注目ポイント → 補正効果 (静止画時)7.0段・総画素数 約6250万画素
価格(ボディのみ) → 執筆時点で370,000円程度(日々変動します)

このモデルとずいぶん迷いました。使っていたα7R IVを盗られてしまったため(!)手元にあるのがα7IVとα7R III。 α7R IIIの性能が新しいのと比べるとやっぱり物足りないので、高画素も気になっていたのです。

手ブレ補正効果は同じ。サイズ感もコンパクト。
大きな違いは高画素写真を大きく伸ばしたり、トリミングをしたいときに効果を発揮しますが、その分データ量が大きくて保存や加工が大変になります。
レリーズの差込口は同じく無いようで、花火撮影には使いづらい。

私は花火写真撮影に使えないなら、画素数も適度なもので気軽に撮れる方がいいなと思いα7CIIを選びました。
高画素の新しいモデルが欲しくなったら十数万円足してα7RV(現在価格500,000円程度)で手ブレ補正効果8.0段、機能もさらに充実させたものがいいかと思っています。
ただ重いので、高画素でコンパクトなカメラがよい方はα7CRとなるでしょう。

 

まとめ

・軽くてコンパクト
・画質・性能も優れもの
・暗くても手持ちで撮りやすい
・程よい画素数で気軽に撮れる
というSony α7C IIは、旅行にぴったりのカメラです。
花火写真撮影だけはちょっとやりづらいですが、花火写真撮影をする予定がないならこれ一本あればOK。花火動画撮影なら他のカメラと変わらずこれでOKです。
花火写真撮影をする方でも他のカメラと複数台持ちするのにも良いです。α7IVやα7R Vなどと合わせると何でもカバーできます。

旅行中にカメラが動かなくなることもあるので(経験あります)、旅行の時はカメラ2台(時には3台)持っていきます。旅行でなくてもレンズ交換が面倒なので2台持っていることも多いです。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

(Visited 258 times, 1 visits today)