可愛い!美しい!クリスマスのストラスブール

まだ今までほど気軽に海外へ✈というわけにはいきませんが、そろそろ海外もまとめたいと思います。

ドイツもすぐ隣のフランス・アルザス地方は、クリスマスの本場!一度は見てみたいクリスマスです。
まずは中心の街、「クリスマスの首都」と言われるストラスブールの美しい風景から。

 

美しい街並み Beautiful Cityscape

アルザス地方の木組みの建物「コロンバージュ」が可愛いくて絵になります!
プティット フランス (Petit France)の辺りは必見です。

かつて牢獄として使われていたヴォ―ヴァン・ダム(Barrage Vauban)は、夜景が美しいです。

クヴェール橋(Pont Couverts)

セント・ポール教会(Eglise St-Paul)

 

ノートルダム大聖堂 Cathedrale Notre-Dame

可愛らしい街並みとは対照的な、荘厳な大聖堂も美しいです。
1176年から250年もかかって建てられたそうです。

大聖堂とマジックアワー

聖堂の中には天文時計があって、12時半にキリストと使徒の人形が登場するようになっています。

 

クリスマスの街 Christmas

クリスマスの首都だけあって、11月末から街はクリスマス色!

(コロナ渦前ですが)すごい活気です。

2021年はクリスマスマーケットも開催されています(11月26日~12月30日)。

メインのクリスマスマーケット、クレベール広場(Place Kleber)のツリー

ノートルダム大聖堂の前にもクリスマスマーケットがあります

大聖堂の中も、聖なるクリスマス

 

ギャラリー・ラファイエットも

主要スポットの地図はこちら →Google Map


✈✈✈航空券・パッケージツアー・ホテルを探す✈✈✈

-> エクスペディア Expedia
-> JTB
-> HIS
‐> 日本旅行


<次回はストラスブールのグルメに続きます>

→フランスの記事を見る

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

(Visited 14 times, 1 visits today)