【奈良・馬見丘陵公園】関西最大規模のチューリップが凄い!

四季のお花が無料で楽しめる奈良の馬見丘陵公園。
毎年4月初旬~中旬に楽しめるチューリップは、約65万株(2022年)と関西最大規模
タイミングによって桜・ネモフィラも一緒に咲いていて見応えたっぷりです!
2022年は4月9日~17日まで、チューリップフェア開催中です。
※フェア前後も咲いている限りチューリップの見学はできます。チューリップの後には、ネモフィラとシャーレ―ポピーが咲いてきます。

 

見どころポイント Viewpoints

公園は広くて、北の端の緑道から南の方の最後までの距離は3㎞を超えます。
その間に見どころポイントが点在しています。
北から順にご紹介します。

※園内地図はこちののリーフレットをご覧ください。また現地ではスマホを使ってデジタルマップで現在地も確認できるようになっていました。

1.緑道エリア

ここはちょっと離れていたので、時間がなく見に行きませんでした💦
写真はリーフレットをご覧ください。

2.集いの丘エリア

大型テントと広い芝生があり、座ってのんびりするのにもいいところです。
早めの時期なら、満開の桜とチューリップが見れそうです。

3.花見茶屋エリア

カフェやチューリップフェア中はマルシェも出ています。

あたりの道には可愛らしいデコレーションも

芝桜もありました。

4.花の道エリア

上からも下からも見てみましょう!

5.公園館エリア

時間帯によると思いますが、人が結構多くて写真は撮りづらく感じました。
他のエリアの方がチューリップもボリュームがあるので、時間がなければさらっと見るくらいがいいかも。

 

6.カリヨンの丘エリア

どんなお花の季節もカリヨンのアクセントでいい雰囲気になるおすすめエリアです。

7.一本松古墳エリア

ここが一番のおすすめ
時間が足りなくて全部行けない💦というときは、こことすぐ隣の6.カリヨンの丘だけ行くのがいいと思います。
どこまでも続いていそうなチューリップの道に、ネモフィラの絨毯も出来ていました。

 

お花見グルメ Gourmet

チューリップフェア期間中は、フードマルシェやキッチンカー、お弁当やお土産物などの販売があります(花見茶屋エリアと公園館エリア)。

今回は花見茶屋エリアに出店されていた「Buono」(ボーノ)のパンを買ってみました。
桜井市で人気のベーカリーです。  →食べログ

あんぱんとチーズがごろごろ入ったパンを頂きましたが、どっしりと美味しかったです!買って正解でした。

まだ試したことがないんですが、花見茶屋エリアにあるカフェ「cafe +f」(カフェ プリュスエフ」も美味しそうです。 →公式サイト

コキアの記事の時にご紹介した、公園の近くにある「大仏カフェ」もいいですよ。

 

アクセス・基本情報 Information

入園無料・毎日24時間見学自由
Tel: 奈良県中和公園事務所 0745-56-3851

馬見チューリップフェア
2022年4月9日~17日 10:00~17:00 (荒天中止)

公共機関でのアクセス
近鉄田原本線「池部駅」下車、緑道北口まで徒歩2分
近鉄大阪線「五位堂駅」から奈良交通バス「馬見丘陵公園」行きに乗り終点下車すぐ →バス時刻表

駐車場
5つの駐車場と2つの臨時駐車場があります。
利用時間: 8:00~18:00 (臨時駐車場は~17:00)無料

 

奈良の観光は車が便利です↓

→奈良の記事をもっと見る

にほんブログ村 旅行ブログへ

(Visited 38 times, 1 visits today)

“【奈良・馬見丘陵公園】関西最大規模のチューリップが凄い!” への1件の返信

  1. ピンバック: 関西のネモフィラ名所まとめ – 大人のための絶景アドベンチャー

コメントは受け付けていません。