金沢のフォトジェニックスポットまとめ ①兼六園・東山周辺

白川郷や北陸の旅に行くのに、金沢を通ることも多いと思います。
見どころがコンパクトにまとまっていて、ちょっと寄って楽しんでいくのにもぴったりです。
フォトジェニックなスポットをまとめます。

兼六園 Kenrokuen

金沢と言えばなんといっても兼六園ですね!
水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園と共に日本三名園の一つです。
梅、桜、緑、紅葉、冬景色とどの季節も良さがあります。
また年に数回、入場無料でライトアップを行っています。
これが息を吞む美しさなので、出来ればライトアップの日程に合わせていくのがおすすめです。

例年のだいたいのライトアップの日程です。
冬の段(2月中旬頃〜下旬頃)
観桜期(4月上旬頃)
春の段(5月上旬頃)
初夏の段(6月上旬頃)
夏の段(7月下旬頃〜8月中旬頃)
秋の段(11月上旬頃〜下旬頃)
その他、ホタル観賞会(7月上旬頃)」や「長月の段」のお月見などが開催されることもあります。


雪化粧の兼六園は、とびきりフォトジェニックですよ✨

晴れると別世界のようになります。

ライトアップもまた別世界です。


**************
兼六園
石川県金沢市丸の内1番1号
Tel: 076-234-3800
アクセス・開園時間・ライトアップ予定はこちらをご確認下さい。 >>公式サイト
**************

金沢21世紀美術館 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

斬新な建築で有名な金沢を代表するスポットです。
じっくりと展示を見て楽しむことも出来ますが、「まちに開かれた公園のような美術館」というコンセプト通り、無料のエリアだけでも楽しめます。

中にはいってみると、、


ウサギ型の椅子も絵になります。

有料ですがここだけは一度は入ってみるのがいいでしょう。
代表作品のレアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」

これは美術館の間取り図ということでした。なんだか可愛いです♡

**************
金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1丁目2−1
Tel:076-220-2800
>>公式サイト
**************

ひがし茶屋街 Higashi-Chaya District

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている、風情ある街並みです。
着物を着て撮影するとばっちりなスポットです♪
町屋カフェやお土産物屋なども並んでいます。

お昼間は観光客がたくさん。


少し裏に入ると静かなところも。

夜になると人も少なくなります。

**************
ひがし茶屋街
石川県金沢市東山
**************

主計町茶屋街 Kazuemachi-Chaya District

”しゅけいちょう”と思っていたのですが💦”かずえまち”と読みます。
浅野川沿いに昔ながらの料理屋や茶屋が並んでいます。
ひがし茶屋街ほど混んでいなくて、とても風情があります。

対岸からみると、伊根の舟屋を思い出しました。
(川に直接面してはいないのですが)

裏に入ると、カラフルな感じも。

夜も風情があります。


**************
主計町茶屋街
石川県金沢市主計町
**************

金沢のスポット、次回に続きます。

こちらの記事もどうぞ↓↓↓

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。