スイーツのテーマパーク【パティシェ エス コヤマ】

「小山ロール」などで有名な「パティシェ エス コヤマ」に久しぶりに寄りました。

エスコヤマのお菓子は、時々各地のデパート催事などにも登場しますが、店舗は兵庫県三田市です。

まるでテーマパーク!な楽しくなるお店は、スイーツ好きは必見!スイーツ好きでなくても一見の価値ありだと思います。

ロケーション Location

お店は大都会でも観光地でもなく、兵庫県三田市の住宅地の中にあらわれます。
有名パティシェの小山進さんがこの地を気に入られたそうで、2003年お店がオープンしました。

メインのお店、es koyama

店内もメルヘンな世界

この暖炉は、「聖飢魔Ⅱ」などビジュアル系バンドのいろいろな衣装を手掛けているJAP工房によるものです。
カブトムシみたいなので、「ビートル」と名付けられ、ビートル君が主人公の絵本と、薪を模ったバウムクーヘン「ビートル君と金色のバウム」が出来たそうです。

メインのお店の他にも、コンセプトの違うお店がいくつか集まっています。
壁は地図になっていてアートな感じです。

この建物「FRAME」には、ブーランジェリー、マカロンとコンフィチュールのお店「Co.&m. es」、アイスクリームのお店「アイスラボ」、バームクーヘンを作っている工房、ケーキ作りを体験できる工房があります。

左はドリンクやスイーツが頂けるレストラン「hanare」、右が「未来製作所」

レストランhanareの中からは、緑が見えて癒される景色になっています。

「未来製作所」は、子供だけが入れるお店です!

こちらはチョコレートショップ「ROZILLA」
小山進さんのチョコレートは、パリのサロン・デュ・ショコラなど世界的な賞も多数受賞されています。大徳寺納豆など和な素材を使われているのが印象的です。
店内は落とした照明で大人な雰囲気です。

こちらは2017年に出来たデコレーションケーキの専門店「夢先案内会社FANTASY DIRECTOR」
ガウディのカサ・ミラを思い出す建物です。
敷地内のところどころにある銅像は、北海道の銅人形作家・菅原義則さんの作品です。
森のような緑と一緒に、おとぎの国のような物語感があります。

後、和洋折衷な「マッテル」というお菓子を売っている京都の路地裏をイメージしたお店「小山菓子店」もあります。

スイーツ&パン Souvenior

今回お買い物したのは「es koyama」と「es Boulangerie」。

es koyamaには種類豊富なスイーツが並びます。
新商品やシーズンものもあるので何回来ても楽しいです。

定番中心にお持ち帰りしました。
「小山ロール」1本1404円


生クリームと栗がロールされています。
生地はふわっとしっとり、変わらない美味しさです。
冬季限定のショコラ味も人気です。
確実に買うには、予約するのが無難です。

「小山プリン」1本324円
とろとろとろけるぅ~美味すぎます!
苺(~2021年5月31日)、マンゴー(2021/6/3~6/29)、ショコラ(冬季)などなど期間限定のフレーバーもいくつもあります。

「田舎チーズ」4号サイズ1個2160円
滑らかクリーミーでどっしりとしたベイクドチーズケーキ。
高タンパクのチーズケーキはお菓子のなかではヘルシーと言われています。
少しだけでも幸せ感が味わえるから、美容健康にいいスイーツかも!?

続いてブーランジェリー。
売り切れ寸前で種類はあまり残っていませんでした。

セモリナ小麦のお日様食パン 756円
ちょっとデニッシュ系な感じがあるところが、パティスリーの食パンぽいパンです。
アンバターサレ 280円
塩味が効いてます。
デニッシュジャポネ
有機粒あんに生クリーム、デニッシュのバランスが美味しいさすがパティスリーのパンです。

やっぱり一度には全部食べ切れないバラエティーなので、何度も訪れたいスイーツ村でした!

**************
es koyama
兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1

営業時間:10:00~18:00
Tel: 079-564-3192 / 0120-086-832

アクセス詳細・定休日等は>>公式サイトにてご確認下さい。
**************

  >>兵庫県のグルメ記事をもっと見る 
  >>兵庫県の記事をもっと見る 

ホテル・航空券・レンタカー・ツアー予約↓↓↓

ホテル予約↓↓↓

良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 172 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。