京都・高台寺 夏のライトアップ

春、夏、秋と七夕など、年に数回ライトアップを行っている京都の高台寺。
春と秋はたびたび行ってますが、夏は初めて見てきました。
最終日にぎりぎり見に行ったので、今年の夏の開催は終わってしまいましたが、これからの参考によろしければご覧ください。

**************

豊臣秀吉の菩堤を弔うため、正室ねねが創建した高台寺。
毎年8月1日から豊臣秀吉の命日8月18日まで特別夜間拝観を行っています。

高台寺に近づいてくると、たくさんの燈明会提灯に迎えられます。
約900張あるそうです。

そして、見てみたかったお化け提灯
お茶目です。

ここまでは拝観しなくても見れます。
この後から拝観料が必要です。

道芳庵を通り、、

目玉のひとつ、波心庭のプロジェクションマッピングへ。
幽玄の世界が映し出されます。

お化けや人魂が出てきます。
春秋も毎シーズン違うプロジェクションマッピングをやっていますが、夏はやっぱり夏の雰囲気です。

枯山水庭園の砂は、虹色の線で彩られています。
2020年春からのこのデザインは、「コロナに負けるな」という思いを込めたものそうです。

2020年春、枝垂桜が見頃の波心庭です。
天国かのようでした↓↓↓

秋の高台寺のライトアップといえばここ!の臥龍池
青紅葉も美しいリフレクションでした。

竹林の方へ。

竹林は嵐山だけではありません。
こちらの竹林と階段も、距離はありませんが風情が楽しめます。

竹林を抜けると、カラーの光がともっていて幻想的な光景が広がりました。
向こうの建物ではキャンドルが灯されていましたが、ちょうど消されていくところで近くまで寄れませんでした。

お帰り口。

このご時世と猛暑もあるのか、人も少なくのんびりと楽しめました。

例年なら外国人観光客も多くてもっと混んでいるでしょうし、春と秋はかなりの行列が出来ます。
混んでいる時によりスムーズに見るためには、

1. ディナーを済ませてから、遅めに入場する。
どこの人気ライトアップでも、開場すぐが一番並んでいます。
(昼と夜の入れ替えがない場合は、お昼から入っておくのもありです)。
2. 隣の圓徳院と高台寺の共通券を圓徳院の受付で買うと、並ぶのが少なくて早くなります。
圓徳院も高台寺と同じ時期にライトアップをしています。両方見るなら割引にもなります。

高台寺のライトアップ、それぞれの季節で一度は見ておきたい名所です。

**************
高台寺

〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町526

Tel: 075-561-9966
>>公式サイト
**************

訪問時期:2020年8月

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

レンタカー↓↓↓

>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

※当ブログの旅行・観光についての全ての記事は、見て楽しんで頂く及び通常時の旅行観光の参考になる情報になればと思い書いているものです。
新型コロナウイルスについては、最新情報、各国・各自治体の発表をご確認の上、行動をお願いします。

記事と写真については、訪問時期のものに執筆時点の情報を加えたものになります。変更されている点もあるかと思いますので、お出かけされる際には最新情報をご確認頂けますようお願いします。

(Visited 150 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。