【長野・松本十帖】ユニークなホテルステイ①施設・お部屋

広告

国内外のホテル・航空券がお得です
⇒Agodaで検索・予約する

<本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています>

先日長野の桜を見に行った時に、以前から泊まってみたいと思っていた「松本十帖」に泊まってきました。
一味違うホテル宿泊体験でした♪

 

松本十帖とは about Matsumotojujo

「松本十帖」とは、「里山十帖」「箱根本箱」を手掛けた雑誌「自由人」による”地域再生プロジェクト”。老舗旅館「小柳」を中心にした浅間温泉に、個性あるホテルやカフェなどが集まっています。

おやきと、コーヒー Cafe Oyaki&Coffee

東京・中目黒のハンドドリップコーヒースタンド「artless craft tea & coffee」とのコラボカフェ。
ホテルのレセプションも兼ねていて、チェックインはこちらでした。
趣きある町屋で、ウェルカムドリンク&スイーツとしてドリンクとおやきをいただきます。

おやきは長野市青木島の「ふきっこおやき」とのコラボで、無添加手作り。
あんこと野沢菜が選べますが、私達はあんこを。
ずっしり具が多くて皮が薄くて、今まで食べたおやきの中で一番だったかも!
コーヒーも美味しいものでした。

꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°
Cafe おやきと、コーヒー
10:00~22:00 21:30L.O
꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°

松本本箱 Matsumoto Honbako

一番のインパクトがあるのがここ!
「新しい知との出会い」をコンセプトにしたブックストアで、店内は「本の道」「げんせん本箱」「オトナ本箱」「こども本箱」、レストランの「三六七(367)」のエリアがあります。
2階の一部から5階まではホテル客室です。

 

入ってすぐのレセプションはバーも兼ねています。
コーヒーマシンもあり、宿泊客は無料でいつでも頂けます。

ブックディレクターの幅允孝さん率いる”BACH”と、日本出版販売の選書チーム”ひらく”が選んだ本がエリアごとに並んでいます。
赤いカーペットの所は、靴を脱いで上がります。

一番奥の「オトナ本箱」
美しい本屋や図書館が大好きなので、これを見たかったのです!
以前大浴場だったところで、「本に溺れる」がコンセプトだそうです。

オトナ本箱では夜、宿泊者限定無料で楽しめるバーもあります。
いくつかの種類のお酒とスナックがありました。あまり飲まないので甘酒を頂きました。

レストランの「三六七(367)」のエリアは、食やコーヒーの本で囲まれていました。

꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°
Book store 松本本箱
15:00~翌日11:00(12:00-17:00 宿泊者以外も予約制で入れます)
꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°

湯小屋「小柳之湯」Hot Spring Koyanaginoyu

入っていないのですが、ホテルの前にあって雰囲気ありました。
江戸時代の湯小屋を再現したもので、脱衣所と半露天の小さめの浴槽、シャワーひとつの源泉かけ流し温泉です。タオルやシャンプーなどもお部屋から持っていきます。

꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°
湯小屋「小柳之湯」
15:00~翌日11:00
꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°

HOTEL小柳

松本本箱の隣で、3階から7階が客室、2階にホテルフロントとショップ「浅間温泉商店」とベーカリー「ALPS BAKERY」があります。
※1階にレストランもあるのですが、開いてる様子を見なかったので省略します。

「浅間温泉商店」スナックから雑貨まで、こだわりが感じられる品揃え。

貴重な信州産小麦粉を使った美味しそうなパンが並ぶ「ALPS BAKERY」。
お食事でいただきましたが本当に美味しかったです。


꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°
浅間温泉商店
9:00-19:00
ALPS BAKERY
10:00頃~19:00 (水・木曜休)
どちらも宿泊者以外もOK
꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°

その他、カフェ「哲学と甘いもの」、シードルを醸造している「信州発酵研究所」などもあります。

「HOTEL小柳」のお部屋 Room

今回泊まったのは「HOTEL小柳」のユニバーサルツインのお部屋です。
「ホテル松本本箱」のほうはコンクリート打ちっぱなしのインテリアのようですが、こちらは珪藻土や天然木など自然素材が多いです。子供さんOK、バリアフリールームもあります。
「松本本箱」のお部屋や「小柳」の他のタイプのお部屋は、こちらをご覧ください(一休にあります)⇩

バリアフリーのお部屋で、水回りがかなり広い分、お部屋は少し小さめかな。
グリーンのところがトイレです。

「自由人」のオーガニックのタオルはふかふか手触りよかったです。

お風呂は半露天風呂温泉(全室ついてます)。広いです!

ドリンクやスナックがたくさん!
ジュースも美味しいもの。特にキャロットジュースは最高!お水も美味しかったです。
たくさんのおかきもナイス。

ネスプレッソやタブレットも。
左の写真のカップは備品ですが、タンブラーは持ち帰ってくださいとのことです(これがちゃんと保温も出来て優れもの)。
滞在中はこれでコーヒーマシンからコーヒーをいくらでもおかわりできます。
アメニティも使い捨ては出来るだけやめてほしいという、環境への配慮が高いホテルです。

外湯に行くときはこの桶に入れて行くそうです。
バスローブやスリッパもフカフカでしっかりしてました。

 

お部屋の外にも、充実のドリンク&スナック More drinks&snacks

さらに、各フロア廊下にもおやつが置いてあって、24時間いつでもいただけます。

キャラメル、クッキー、シャトレーゼのアイスクリーム、ジュース各種などありました。
美味しいお水のウォーターサーバーも。
松本本箱にもありましたが、小柳の3階にもコーヒーマシンがあって、お部屋のタンブラーに入れていただけます。このコーヒーがいい豆のようで、相当美味しくて数杯おかわりしちゃいました。

カミソリなどのアメニティは出来るだけ持ってきてくださいとのことですが、忘れたときのために一応アメニティバーに揃えられています。
浴衣は軽井沢にある障害者就労支援施設の協力で作られたオリジナルだそうです。

 

お食事の記事はこちら⇩

周辺観光 →長野県の記事を見る

レンタカー⇩

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

(Visited 524 times, 1 visits today)