都会の温泉旅館「星のや東京」①エントランスからお茶の間ラウンジまで

「アマン東京」の次は「星のや東京」もご紹介しておきます。

外観 Appearance

大手町のビル街の中にある、星のや東京のビル。
周りのビルに馴染んでいて、一見ファッションブランドのビルのようです。

もう少し寄っていきますと、、

「江戸小紋の麻の葉崩し」のモチーフで覆われていて、和のセンスが光ります。

空間 Space

入るとまず、和紙の照明と青森ヒバの一枚板の扉。

ドアが開くと、星のや東京といえば思い浮かぶ玄関です。
アマン東京の大きさはないけれど、天井は高くていい気分になります。
左の面の竹細工が手前にも続いていて、靴箱になっています。
思わずわぁ、、!と言ってしまいます。
靴を脱いで上がります。

ここには季節のお花や物で飾られています。
この時は5月だったので、端午の節句にちなんで兜や登っていく鯉、お花は花菖蒲でした。

レセプションへはエレベーターに乗って上がります。

白木の内装が明るく温かみがあって落ち着きます。
ビル街のど真ん中とは思えないです。

こちらはライブラリースペースといった感じで、本が置いてあったりお土産物なども売っています。
コーヒーハンターとコラボの星のやオリジナルのペットボトル入りコーヒー粉も売っていて、買って帰りました。

天井のデザインが面白いです。
高層階ではないので、窓から東京の街が見渡せるというわけではありません。

お茶の間ラウンジ Lounge

大きなテーブルや机などがある、宿泊客がいつでも使えるくつろぎスペースがあります。
チェックインの手続きもこちらでしました。

ここがとっても充実しているんです。

ウェルカムスイーツとして季節のお菓子をサーブしてくださいます。
この時は柏餅とお茶です。美味しかったです。

お菓子もいろいろ並べてあって、好きなだけ好きな時に頂けます。
榮太樓の飴、俵屋吉富のくず湯、煎餅など何種類ものお菓子やスナック、夜にはカップラーメンなども出てきます。
お菓子のセレクションが良くて、ちゃんと選ばれてるなあと思いました。

もちろんコーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティーなど飲み物も揃っています。

食器類やお茶の葉などが並んでいます。

季節感も忘れません。

星のや東京、次回に続きます。

(訪問時期:2018年5月)

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

レストラン↓↓↓

>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

(Visited 307 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です