秋の星のや京都 ②お部屋とディナー

秋の星のや京都、続きです。
(前回の記事はこちら >>①アプローチ、庭園、宿とおもてなし

Contents: Hoshinoya Kyoto in Autumn ②
お部屋 Room
ディナー Dinner

お部屋 Room

秋に泊まったお部屋は、入口から一番遠い奥まったところにあるお部屋です。
窓からはエメラルドグリーンの川と紅葉の彩りが見えます。

木で隠れ気味ですが、向かいにトロッコ列車が走っています。

ベッドルーム

居間

お部屋でウェルカムスイーツとお茶を頂きました。
栗の和菓子、美味しかったです。

ウェルカムドリンクはスパークリングのお酒でした。

バスルーム
アメニティは夏バージョンでご覧ください。

ディナー Dinner

旅館と違いお食事は頂いても頂かなくても良いのですが、一年の中でも美味しくなる秋のお料理も頂きました。

~京会席「五味自在」~

  • 先附 深秋蒸し

おしゃれな洋風茶碗蒸しといった感じ。
マッシュルームにフォアグラ入りで美味しい~♡
ワインと一緒に

  • 八寸 燻製合鴨ロース・太刀魚寿司・焼き栗・子持ち若布青紙巻き・子持ち鮎甘露煮・鰻の博多・銀杏松葉串

八寸で出てくる小さなお寿司美味しい♪
”子持ち若布青紙巻き”って何?な名前です。鰊の卵をワカメとほうれん草で包んでるものでした。
”鰻の博多”は、炙り鰻に黄身とパイが合わせてあって、初めての鰻の一品でした。

  • 向附 カワハギの変わり造里

これがお造り!?な一皿です。聞かなかったらフレンチと思います!

  • 椀物 土瓶蒸し

こちらは秋の和食定番の味と香りです。

ここで鯛が登場。

中は、、、お赤飯です。
アニバーサリーということで出してくださいました。
記念日などのサービスはデザートが多いですが、和食ではお赤飯のこともありますね。
この小さい鯛の器が可愛いです。

  • 焼物 甘鯛オランダ焼き

色づいた葉に銀杏の形のはサツマイモで出来ています。
味も良いですが見た目で秋を感じます。

  • 炊合 蕪晩菊煮

菊花のソースがかかったカブの中にはマナガツオと舞茸が入っています。
  • 強肴 牛フィレの炭焼きと旬の野菜

牛フィレ肉は夏にも出ていましたが、やっぱりすごく美味しい~
野菜は奥のアロマオイルのように(!?)温められているソースにつけてバーニャカウダのように頂きます。盛り付けも素敵♡

  • ご飯 魳飯

秋のご飯はカマス♡大満足です♪

  • 水菓子 季節のデザート

柿、梨とムース、アイスクリームでバランス良し。
こんなガラスの器も家にあったら使いやすそうだしいいなと思いました。

洋風も取り入れた和風創作料理、見た目も楽しくお味もさすがの美味しさでした!

秋の星のや京都、次回に続きます。

(訪問時期:2015年11月)

※現在変わっている点もあります。

夏バージョンも比べてみてください↓↓↓

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

レンタカー↓↓↓

>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 120 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。