星のや沖縄 ③お部屋「フゥシ」

お部屋は4タイプありますが、今回泊まったのは「フゥシ」(星)というお部屋です。
93~94平米の広さで、4人まで泊まれます。

「土間ダイニング」中心のお部屋 Room

プールや集いの館の近く、2階にある306号室です。
売店に置いてあった、房指輪がモチーフのキーリングが素敵です。

入ると、、、
長ーいシンク付きのテーブル、そしてその向こうには海♪
爽やかな風が駆け抜けていくような開放感♪

このお部屋は「土間ダイニング」といって、すべてのお部屋にあります。
星のやのお部屋はいくつもお部屋があって家のような造りになっていましたが、こちらはさらにシンクまでついてコンドミニアムのような感じ。後で書きますが、お部屋で簡単に調理してお食事することも考えられています。
冷蔵庫も家庭用サイズ!ていうか我が家のより大きいくらい!
コーヒーメーカーとポットはもちろん、電子レンジと IH調理器まであります。

土間ダイニングの右手は、掘りごたつ式になっている「床座リビング」。ここが「フゥシ」のお部屋の特徴です。


鮮やかな壁に、綺麗な海の額縁にうっとり♡まったりできます。

反対側がベッドルームです。

印象的なベッドルームの壁紙は、琉球紅型作家の宮城守男さんによるものです。
沖縄の動植物や伝説をモチーフに描かれていて、懐かしいような癒されるような美しさです。

ベッドルームの奥がバスルーム。
右手にはクローゼットがあります。

オーシャンビュー Ocean View

海がすぐ近く!ダイニング・ベッドルーム・リビングどこからでも海が見えます。

この窓の向こうはベランダになっていて、外に出て海を見ることができます。

窓から見える海岸は、今の沖縄では珍しい自然海岸。
午前中の引き潮のときの海のグラデーションにテンションが上がります!

朝の眺め。時間によって変わるのも見ていたいです。

アメニティ・グッズ Amenities

星のやの基本のものに、沖縄らしさを取り入れたアメニティや小物が盛り上げてくれます。

アメニティは、星のや共通の自然派コスメブランドLIRIoのセットに、フェイスマスクやバスソルトまでついていました。
フェイスマスクは、沖縄のハーブ「月桃」やサトウキビのものなど、沖縄らしいものでした。
シャンプー等は星のやオリジナルの容器に入っているのですが、髪の調子が良くなりました。

小物入れはお土産として持って帰れます。
サンダルが置いてあるのですが、私は初めてだった「OOFOS」(ウーフォス)というブランドのものです。
これが履き心地抜群で疲れない!ビーチサンダル、サンダル、マリンシューズ、スニーカーと一通り持ってきていたのですが、あまりにいいので滞在中ずっとこれを履いていました。
”衝撃を37%吸収、足首への負荷を47%軽減できるリカバリーシューズ”らしいです。
こんな細かいモノ選びもさすが!
気になる方はチェックしてみてくださいね↓

ベッドルームの壁紙の他にも、やちむんの器や「読谷山花織」を使ったコースターなどの沖縄の伝統工芸品も素敵です。

お部屋は他に、プールが付いた広い特別室「ティーダ」(太陽)、海に突き出たテラスリビングが付いた「ハル」(畑)、海を臨むテラスリビングが付いた2名用の「ティン」(天)があります。

空港からレンタカーが便利です↓

<星のや沖縄、次回に続きます>

→星のや沖縄のすべての記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ

(Visited 86 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。