新日本海フェリー「はまなす」舞鶴~小樽・スイートルーム乗船記

広告

国内外のホテル・航空券がお得です
⇒Agodaで検索・予約する

<本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています>

夏の北海道旅行に、舞鶴から小樽までフェリーを利用しました。
乗船した新日本海フェリー「はまなす」の基本情報とスイートルームの乗船体験をまとめました。

1.フェリーで国内旅行。メリットとデメリット Merit&Demerit of Travelling by Ferry

<デメリット>
1.移動時間が長くなります。短期の旅行でとにかく現地時間を少しでも長くしたいならもちろんおすすめしません。

<メリット>
1.移動が楽で移動中に寝たり作業したりと出来るので、時間が有効活用できます。
2.車が乗せられるので、ある程度の長期の旅行なら現地でレンタカーを借りるより便利で安くもなります。バイク・自転車なども乗せられます。
3.ペットも一緒に行ける!北海道に行くなら飛行機でという手もあるかもしれないけど、やっぱりハードル高いですよね。フェリーのほうが安心です。

2.スケジュール・料金・予約 Time Schedule,Fee&Reservation

<スケジュール>
現在(2023年8月)のスケジュールは
舞鶴発 23:50発 → 小樽着 翌日20:45着 毎日運航
小樽発23:30発→ 舞鶴着 翌日21:15着 毎日運航

乗船時間12時間程度です。時期により変わるので正確には→公式サイトでご確認下さい。

どちらも夜出発・夜到着なので、少なくとも到着した日は近くで泊まるのが便利です。

ちなみに私達は小樽に着いた日にオーセントホテルに泊まりました。快適に過ごせましたよ。

 

 

<料金>
ツーリストAからスイートまで5タイプがあり、それぞれ時期によって料金が変わります。
スイートだと58,600円~64,200円、ツーリストAだと11,100円 ~19,300円(大人1人当たり)です。
車やペットの乗船には追加料金があります。
詳しくは→公式サイトでご確認下さい。

<予約>
ネット・電話・旅行会社にて予約できます。
→公式サイトをご覧ください。

 

3.乗船・下船 Embarcation/Disembarcation

<乗船>
1時間前(混むシーズンは90分)前にはフェリーターミナルに到着。”e乗船券お客さま控え”を持っていなければ窓口で手続きする(持っていれば必要ありません)。ペット連れの人も手続きします。

乗船時間になると、運転者1人は車を運転して駐車場から乗船。
運転者以外の同乗者または車を乗せない場合は普通にフェリーターミナルから乗船します。

<下船>
車なしならフェリーターミナルから下船。
車の場合は同乗者も一緒に車で下船します。

 

4.船内 Facility

いよいよ船内のご紹介です!
乗船した「はまなす」は、長距離フェリーとしては国内最大級の大きさと速度だそうです。

通路。椅子とテーブルも置いてあって自由に使えます。

売店・自販機もばっちり

(左)カフェテリア(右)マッサージチェアもありました

ゲームセンターも

5.お部屋 Room

スイートルームは4部屋あります。
広さ55.3㎡(専用テラス6.9㎡を含む)。広くてくつろげます!

洗面所、バスタブ付きバスルーム、トイレ独立であります。
バスルームからは海が見えます。
タオル、シャンプーや歯ブラシなどのアメニティはもちろん、浴衣・バスローブ・スリッパも揃ってます。

コーヒー・お茶にミネラルウォーターも2本ありました。冷蔵庫・ポットもあり。

専用のバルコニーに出ると気持ちいい!
途中で小樽から舞鶴に向かう新日本海フェリー「あかしあ」とすれ違いました。

他のお部屋タイプは→公式サイトをご覧ください。

6.お食事 Dining

スイートルームには、3食のお食事も付いているんです!
あまり期待していなかったんですが、これが美味しくて!これで1人6万程度はお得だと思いました。
サービスもとても良かったです。

こちらのレストランで頂きます。
(スイートルーム以外のゲストも、追加料金でお食事出来ます。)

<朝食>

<ランチ>
鮪とアボガドの山葵和え・道産牛ローストビーフ和風仕込 山葵味噌ソース・うな重・ゆば 青味 清汁仕立て

デザートの大福アイスとほうじ茶アイス

<ディナー>
下のメニューの通り、素敵なフレンチのフルコース♪
北海道産の素材も良い物なのか美味しくいただきました。
新日本海フェリーは、小樽のオーセントホテル、ニセコのラグジュアリー旅館の楽 水山もやっておられます。楽 水山のお食事感動の美味しさでしたし、食にもこだわられているのかなと思いました。

 

まとめ Summary

北海道の滞在が長い旅だったので、車を乗せられるのが便利で安くもなるし疲れないしいいことづくめでした。それだけじゃなく思いがけずお食事も美味しくて、お部屋は広くて快適で豪華クルーズ気軽版みたいに楽しめたのが良かったです!
これからも長めの北海道旅行にはフェリー活用できそうです。

 

→北海道の記事を見る

レンタカー⇩

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

(Visited 440 times, 1 visits today)