奈良の紫陽花おすすめ名所

大阪に引き続き、奈良の紫陽花のおすすめスポットもご紹介します。

梅雨の季節を楽しみましょう!

1.長谷寺 Hasedera Temple

「花の御寺(みてら)」と呼ばれ、その名のとおりに四季折々の花が美しい、奈良の長谷寺。
686年、道明上人が天武天皇のために「銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)」を初瀬山に安置したことにはじまり、現在は真言宗豊山派の総本山、西国三十三所第八番札所として多くの人々の信仰を集めています。
紫陽花の季節も、広い境内のあちこちに10種約3000千株の紫陽花が咲き誇り、風情ある紫陽花の風景が楽しめます。

登廊と紫陽花

嵐の坂

本堂前。この辺りの紫陽花が中でも見事でした。
長谷寺の階段がどこも風情があって、そこに四季のお花が咲いているだけで絵になります。

緑が綺麗な季節でもありますので、楽しんでいかれてください。

長谷寺といえばの定番、本堂の「床みどり」
ボタンの花が咲く時期よりゆっくり見れると思います。

緑に包まれる五重塔

境内はかなりアップダウンがありますので、歩きやすい靴で行かれるのが良いと思います。

例年の見頃: 6月半ばから7月半ば
三脚・一脚は使用禁止です。

総本山 長谷寺
〒633-0112 奈良県桜井市初瀬731-1
Tel: 0744‐47-7001

2.馬見丘陵公園 Umamikyuryo Park

こちらも四季折々の花が楽しめる広い公園。
チューリップ、ダリア、ひまわり、コスモスくらいがすぐ思い浮かぶ公園だと思いますが、約4000株の紫陽花も咲いています。

近鉄田原本線「池部駅」から緑道エリアを歩いてきたときに咲いていた紫陽花。
アジサイ園ではないところですが、とても綺麗でした。

あじさいの小径

おまけのお得な情報です。
馬見丘陵公園では、菖蒲も例年5月末から6月半ばくらいまで咲いています。
紫陽花は6月半ばくらいから見頃になってきますので、両方見頃なら忘れずに見て帰ることをおすすめします。
見頃の菖蒲園はそれは見事です。

例年の見頃:6月半ばから7月半ば

馬見丘陵公園

北葛城郡河合町佐味田2202

3.矢田寺 Yatadera

奈良の紫陽花といえばまずこちら、「あじさい寺」とも呼ばれる矢田寺ですね。
正式名称は金剛山寺で、高野山真言宗のお寺です。
約1300年前、天武天皇が、七堂伽欄48カ所坊を造営されたのが始まりです。
初めは十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、 後に満米上人により地蔵菩薩が安置されてから、地蔵信仰の中心地として栄え、日本のお地蔵様発祥の地でもあるそうです。
本尊の木造地蔵菩薩立像をはじめ、数多くの重要文化財が収蔵されています。

紫陽花のシーズンには約60種10,000株が咲き誇り、たくさんの人が訪れます。

注意:残念ながら2020年7月15日まで閉門予定で、2020年度は紫陽花は見ることが出来ません。
来年以降の参考にしてください。

矢田寺らしい紫陽花風景

お地蔵様と紫陽花も撮りたいところです。

あじさい園の紫陽花。綺麗です!

ここは普通の階段のはずですが、大雨が降ると川の流れのようになります。

これだけ咲いていると、ハートの紫陽花もたくさんみつかります♡

例年の見頃:6月半ばから7月半ば
他の名所の紫陽花の見頃より遅めに見頃のピークになります。
三脚・一脚は使用禁止です。

矢田寺
〒639-1058 大和郡山市矢田町3506
Tel: 0743-53-1445
>>矢田寺 公式サイト

関西の紫陽花の記事もどうぞ↓↓↓


宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

レンタカー↓↓↓

>>Instagram @hiromitravel
©Hiromi

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

※当ブログの旅行・観光についての全ての記事は、見て楽しんで頂く及び通常時の旅行観光の参考になる情報になればと思い書いているものです。
新型コロナウイルスについては、最新情報、各国・各自治体の発表をご確認の上、行動をお願いします。

記事と写真については、訪問時期のものに執筆時点の情報を加えたものになります。変更されている点もあるかと思いますので、お出かけされる際には最新情報をご確認頂けますようお願いします。

(Visited 43 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。