【箱根】日本初のオーベルジュ、オー・ミラドー ①ロケーション・お部屋

これまでにもいくつか日本のオーベルジュをご紹介していますが、日本初のオーベルジュもご紹介しておきます。
1986年に出来た箱根のオー・ミラドーです。

まるでフランスの田舎の雰囲気の中、美味しい正統派フレンチを頂いて温泉にも入れる癒しの場所です。
宿泊してディナー、朝食を頂く他、レストランのみでも行けます。

Contents: Auberge Au Mirador①
ロケーション Location
お部屋 Room

ロケーション Location

箱根の静かな森の中、フランスの田舎の邸宅のような門が現れます✨

入っていくと本館があり、ここでチェックインします。
ここにはレストラン、ウェイティングバー、プール・ジャグジー・サウナもあります。
2階には客室があります。

インテリアもフランスの郊外のホテルを思わせます。

チェックインの手続きをしながら、ウェルカムドリンクのハーブティーをいただきます。

フランスっぽいおしゃれなブティックもあって、ジャムや美味しそうなお菓子が置いてあります。

本館の他にも2つの建物があります。
こちらは「パヴィヨン・ミラドー」
本館は邸宅のようですが、こちらはお城のような感じがあります。
1階にはウエディングなどにも使われるパーティールームとバー、2階が客室です。

もうひとつは、アジアンな雰囲気の「コロニアル・ミラドー」という建物です。

少し森の中を歩いていきますと、、

バリっぽい雰囲気の棟に着きます。
こちらには客室の他、レストラン・温泉・エステルーム・チャペル・ライブラリースペースがあります。

夕暮れ時。少し雪が残っています。


夜になると、、

お部屋 Room

お部屋は「パヴィヨン・ミラドー」にある「芦ノ湖エクストラルーム」です。
リビングとベッドルーム、バスルームがあります。

広々として明るいリビングルーム。
暖炉もあります。

窓の向こうにバルコニーがあります。

向こうには芦ノ湖が見えます。

ベッドルームはブルー基調で安らぎます。
やっぱりフランス風で可愛い。

コロニアル・ミラドーにある温泉に行ったのでバスルームは使いませんでした。
(写真撮り忘れました)

本館のお部屋は一番歴史があるフランスらしいお部屋、コロニアル・ミラドーのお部屋はバリ風でベッドも低く靴を脱いで上がるお部屋だそうです。

<次回お食事に続きます>

(訪問時期:2018年2月)

これまでにご紹介したオーベルジュ↓↓↓

レストラン↓↓↓

宿・航空券・レンタカー・ツアー↓↓↓

宿↓↓↓

ランキングに参加しています。
良かったら押してもらえると嬉しいです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

(Visited 499 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。